人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

出会えないと言う悲しい運命は何も対人だけに限らない

映画『日本沈没』の平成版のCMを見たときに
「こんなちゃらっちゃらしたメロドラマだったっけ?」
何でもかんでも愛だの恋だのしやがって。
…なんて思っておりました。

 

てやんでぇと思って、藤岡弘主演(あるいは丹波哲郎?)を見直しましたが、そこそこメロドラマでもありました。
出ている方々が厳つい面々だったので、脳内変換が起こっていたようです。

 

物語は最終的に…って、一応伏せた方が良いんでしょうか?
匙加減が分かりませんが、無駄かなと思いつつ明記は避けます。

 

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 

 

モノにだって会いたくても会えなくて震える

 

何事に対しても…というと大袈裟ですが、あまり悲嘆に暮れてどうにもこうにも…と言う事にはなりにくい性格でおります。

 

運命と言うのも、結果、自分の良い方向に「それなりに」なるのではないかと。

 

「それなり」であっても薄らボンヤリはどうかと思いますし、「それなり」以上を求めるのは努力が必要であるとは認識しています。

 

そんな私がいかんともし難かったのは「Zガンダム」のあるエピソードです。


何度もチャンスがありながら、きちんと観る事が出来ていないエピソードがあります。

 

 

 

なぜ観れていないのか??

 

具体的にはジャブローに降りてレコアがカイに会い、シャアとアムロが共闘し、フォウとカミーユがああだこうだと言う、物語の中核を成す部分です。
ロザミア辺りもボンヤリです。

 

Zガンダムが放送されていた時は剣道漬けだったので、リアルタイムでは観ていません。


高校生の時にテレ玉で再放送がされており、何となくビデオに録り始めたのが最初です。

この時は完全に録り逃がしました。

 

時が経ち…またも再放送がありました。
ここでも録り逃がしますが、放送自体は飛ばし飛ばし観たので、カイとアムロとフォウとロザミーの存在だけは確認しました。


更に時が経ち…


癌で入院時に見ようと、入院前にDVDを借りてHDDに落としました。
が、上記エピソードのDVDだけ借りられておりました。

 

取り敢えず前半エピソードを借りて、無い部分を含めた後半はまた後日…と思ったら、今度はその巻だけ借り忘れると言う…

 

こんなことある??

 

そして最早、近場にはTSUTAYAの姿は消えました。

 

今日日、デジタルで気楽に借りる事も出来ますが、内容が余りに暗いので観るのも疲れるなと。

 

そんなこんなすれ違いが重なったために、いまは「ねぇ。お互いにちょっと考え直さない?」と言う、女の子に言われたくない言葉NO.1の状況です。

 

もっとも考え直す気持ちになっているのはこちらで、気持ちの再燃の匙加減もこちら次第ではりますが、いつまでも尾を引くのは男の方と言う法則に則っており、うにゃうにゃとはっきりしないまま如何ともしがたく。

ズルズルと。

 

 
 

 

恐らくこの辺り…

 

 

どうしてこうもすれ違った?

 

何なんでしょうね?
あまりに私の気持ちが強すぎて、思春期並みに自意識過剰になり「好きだけど自分の表現の仕方が分からなくて、無意識のうちについつい避ける」みたいな感じでしょうか?

 

皆さんも若かりし頃はそうでしたよね?

え?違う?
私だけ??

 

思えば「ガンダム」の『ザクレロ』や『旧ザク』のエピソードも薄れつつあるんですよね。

ザクレロのパイロットは忘れましたし、ククルスドアンなんてほぼ初耳ですよね。

 

…すみません。
ククルスドアンは旧ザクには関係ありませんでした。
関係ないと言う事を、いま思い出しました。

もうごっちゃです。

 

因みにザクレロは四話分の予定のところ、打ち切りの憂き目にあって二話に削った説があるそうです。

 

打ちきりで言えば、ガンダムの同監督の「伝説巨神イデオン」も打ち切りだったそうです。


『だったそうです』と言うのは、私はイデオンが暗すぎるし悲惨すぎるし主人公アフロだし。
なので、最後まで観る事が出来なかったからです。

 

あとで映画版を見ましたが…
最後は赤ちゃんまで容赦なく犠牲になり、結果、全人類全滅と言うぶっ飛んだ結末(映画『発動編』)

 

昔のアニメって怖い表現が多かったですよね。
幼稚園児の時に『宇宙戦艦ヤマト』の映画を観たのですが、怖くてまともに観れませんでした。

(波動砲で惑星一つを消す事になり、星に女の人の悲しく叫ぶシルエットが出る)

 

逆に『ザンボット3』なんて楽しく観ていたのですが、人間爆弾で子供が犠牲になるとかあったそうで…
凄いな。

 

『ボルテスV』も結構暗いイメージです。

ガッチャマンにしろ何にしろ、1号2号がいがみ合うと言うのを見るにつけ「仲間なんだから仲良くすれば良いのに…」と幼心に寂しくなったのを覚えています。

 

 

さておき「Zガンダム」は、お互いの気持ちが再燃し、また会える事を信じて待ちます。

きっと、あのエピソード群はツンデレなんです。

追えば逃げて、逃げれば追うんです。(C-C-B)

 


さあ!気を取り直してオバケのQ太郎に続き「暗記だけで描いてみよう」「ネットを使わず自力で思い出そう」の第二弾。

 

f:id:p-man2324:20201002230748p:plain

ザクレロのパイロット名は出てこない…(自分画伯)

鎌って飛びましたっけ?

 

 

 

時に…
昨日、東証の取引停止を受けて、日経新聞の株式面が「ー」で埋まり話題になったそうです。
読売新聞も同様だったので、思わず画面を保存しました。


f:id:p-man2324:20201002233430j:image

休止にした新聞と掲載した新聞を比較すると、何となく味わい深い感じがあります。
個人的に。

 

・「ー」で掲載
日経新聞
産経新聞
読売新聞

 

・休載
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞

 

日経以外、何となく右と左で分かれているような。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村


人気ブログランキング