人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めて、ハーフは未だに2時間切れず。剣道は2016年に約四半世紀振りにリバ剣。経験が長いだけの三段。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と思い立つも師範に言えず、外部団体でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり。リバ剣だって怖くない!行き当たりばったりのブログです。

【ランニング】結局は靴の力だったのだ…

コロナが蔓延して以降、軒並みマラソン大会が中止になっていたので、ランニングシューズの流行り廃りにすっかり疎くなりました。

 

この間、久しぶりにスポーツ用品店に行ったら、OnやらHOKAが随分と増えたようです。

HOKAを見たとき「ホカオネオネ」という響きの面白さのみの印象が、いまや棚のレギュラーポジションです。NIKE、HOKA、アシックスが中心を占め、On、NB、ミズノ、adidas、DESCENTが、棚の1列、2列程度といったところでしょうか。

 

『我らが』BROOKSは、すっかり鳴りを潜めております。いまや石井スポーツで頑張っておりますが、石井スポーツって、行きます?

どちらかといえば登山の店というイメージなんです。なぜなら、秋葉原にあった石井スポーツのイメージが強いからです。

 

 

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 

 

 

結局はBROOKSの力だったのだ

自分の走力を全く無視して、廃盤になってしまう前にの大セール期に『BROOKS Hyperoin』を購入し、それを長い間はいていました。カーボンプレートの無い、初期の薄底ペラペラのシューズです。

 

さすがの薄底なだけに最初は苦労をしました

しかしイメージと違って、意外に反発力があるため推進力があり、薄底も慣れれば履きこなせるんじゃなかろうか?なんて思っていたのです。

そんな思い違いから、これまた型落ちセールで『NB HANZO R』を購入しました。

 

Hyperionも使い込んだので、HANZOに変えたんです。

そしたら、もう、あなた。どうでしょう、あなた。

まったく跳ねない、まったくクッションがない、まったく進まない。

久々に走ったことや、体が重い(体重)や、体力が落ちていたというのを考慮したとしても、BROOKS Hyperion とは全然違う。

 

各メーカー、シューズに様々な工夫を凝らしております。

Hyperionには前足部に付けられた高反発素材の『プロパルションポッド』という機能があります。着地時の力を外部に逃さず云々。その『プロパルションポッド』が、大いにその役割を発揮してくれていたようです。

デブをデブらしからぬ感じに、誤魔化してくれていたわけですな。

 

それがあなた、純粋なる薄底のHANZOは、そんなに甘くはなかったのです。

まあ、だいぶ前にも『MIZUNO WaveIDATEN』で痛い目にはあっていたんですけどね。その時から状況が違うじゃん。なんか大丈夫なんじゃないかって、思うじゃん。

 

 

 

やはりそれなりのシューズを選ぶべきなんだ…

結果、貧乏性を発揮して安値で手に入れたNIKEのペガサスの何かを履いています。

NIKEはあまり好きではないので『ペガサスの何か』なんて雑に書いております。

 

しかし、これまた驚きですぜ、旦那。驚きすぎて地球の反対側に出ましたぜ、旦那。

このペガサス君の走りやすいこと。どう走りやすいかと言っても上手くは書けません。ただ「そりゃNIKEが人気になるわけだ」なんて、納得しました。

唯一気に入らない点をあげるとすると、そのシューズはNIKEだということです。全く残念です。とは言え、しばらくは履きます。

 

ペガサスと言えば、これ(自分画伯)

薄底って怖いわね。なんて思いながら、DESCENTのGENTEN-EL が気になってみたり。

底が薄いのにカーボンって、気になります。

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村