人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【剣道】剣道教室の立ち上げに携わる&体罰的な指導PART2

Twitterで「道教室の立ち上げに協力してくれる方」と言う募集がありまして。

私は既に所属も決まっているし、本格的には難しいなと思っていました。

 

しかし、同じ市内で活動予定場所も行けなくも無い上に、仲間が中々集まらないと言う事もあり、意を決して参加することに。

 

コンセプトは高齢の方を中心に、初心者から経験者まで堅苦しい事なく健康的な剣道を実施する…事です。

 

代表は私よりもかなり若い方。

剣道を小学一年から続けていたそうですが、剣道の見えないルールや堅い慣習に疲れて来て、今回の旗揚げを決意したとの事でした。

 

市内の体育館を利用するにあたり団体登録を済ませた…だけは完了です。

 

これからが色々とありますが…

剣道関連の事はすぐに浮かびますが…

会費、その会計、管理、報告、スポーツ保険…等々、実務的な事とか…

やることは多そうです。

 

やるからには、きちんと携わって行こうと思います。

とにかく続ける事ですね。

行き詰まっても続けること。

この姿勢で挑んで行こうと思います。

 

もし…興味のある方はコメントください(笑)

埼玉県のさいたま市近辺であれば、どなたでも!

 

 

さて…

先日のエントリーで「剣道たがらと言って体罰的な指導は如何なもんか??」と言うブログを書きました。

 

p-man2324.hatenablog.com

 

で、友人から偶然にも、剣道以外での話を聞きました

 

友人とその子供は、球技系の集団競技のスポーツ少年団に所属しています。

エース級の子が怪我をして長期離脱を余儀なくされました。

 

コーチはエースの子の怪我の原因は、エースと関わる友達の子供の「技術の未熟さも要因」と言う風に周囲の保護者に言っているそうです。

友達本人にも、友達の子供本人にも言わず。

 

少年団のコーチがどのような方なのか、私は当然知りません。

しかし、聞いた限りでは『それはイジメじゃなかろうか?』と思いました。

外野で聞くと、よからぬ事を勘繰ってしまいます。

技術が未熟なら、本人に教える事がコーチなのでは...?

 

コーチのこの態度を受けて、友達親子はどうすれば…

となると、容易に答えが見つかりません。

 

先日の私のブログには、その辺りの観点が全く無い事に気付きました。

 

親が指導者を観察し、子供が携わってる事に興味を持って共に携わっても、起こってしまっては解決が容易ではない…

 

コーチに訴えたり、外部に訴えられれば良い方で、中には『余計な事をするな』と言う保護者もいるはずです。

 

本人が辞めたいと言えばまだしも、本人がそれでも続けると言った場合、無理矢理辞めさせるのも悩みどころかと。

 

退団して所属を変える…簡単に出来れば良いですが、近場に無かったり、マイナースポーツであると難しそうな気もします(それこそ剣道みたいな)。

 

指導者の人間性とコミュニケーション能力に頼るしかないのか…

 

友達の話には、何とも明確な考えを出すことも出来ず

スポーツ関連の問題、根が深い…


f:id:p-man2324:20200216010328j:image

 

未だ自問自答…

 

せっかく勉強以外で、学校以外で活躍出来る可能性がある場所に身を置いているのに…

 

どんな立場にいても、自分は二の次である事を意識しなければ。

他人事ではいけませんが、自問自答を繰り返すより他もなく…

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村