人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【剣道】大人から始めると敷居が高い!?

にほんブログ村の剣道カテゴリーのランキングを、ランダム表示で見ていたら『大人になって気紛れで剣道始めた』と言うブログがありまして。
最後のエントリーが「剣道やめた!」でしたが(笑)

期間は三年ほどのようで、全部は読んでいませんが、自身で研究したり、教えを反復練習したりと、かなり向上心を持っていたようです。

なぜ辞めてしまったか。
簡単に言えば「しがらみ」「理不尽」「上下関係」の問題のようです。

剣道の良い所、悪い所は表裏一体のような気はします。

剣道歴が長くなると、それぞれ感じ方、考え方がだいぶ違ってきて、教え方も千差万別です。
解釈も様々。

試合の「一本」の条件、昇段の合不合格。
なぜ勝ったのか、負けたのか。
なぜ合格なのか、不合格なのか。
その勝ちは正しかったか。

他にも…

ルールがあるようで無い感じ。
基準があるようで無い感じ。
白黒はっきり出来ない感じ。
悩みに対して一発解答が無い感じ。

剣風、方針は外から見えませんし、初心者にしてみれば体験だけでは分かりづらいとも思います。

こう言う曖昧な部分、社会人としての経験や人としての経験がある方が、剥き身で飛び込むと『理不尽』と思われてしまうのかも。

冒頭の方は『勝ち負け、合格不合格が人間関係で決まっている』と書いてありました。
受け止め方がそうであれば不幸ですが、事実であれば悲しいです。

剣道は『道』なので、確かにレジャー的なスポーツではなく窮屈な面はあるとは思います。
窮屈な所が受け入れられないのは仕方ないとは思います。
しかし、人の面で断念すると言う事は避けたい事です。


私の部下に若手韓国人女性がいますが、彼女は剣道に興味があると言うことで、紆余曲折を経て剣道を始めたのですが…
三年目に入った所で疎遠になってしまったそうです。

聞けば「もっと自由に出来るかと思った」とのこと。
昇級、昇段を急かされているらしく、その気が無いだけに気が重いと。

所属によって、合う合わないのは難しいものですね。

剣道人口は増やしたいと思いますが…
スポーツとは一線を画したいとも…
個人的には思います。

この相反する曖昧な感じ…これぞ剣道!

いや違う。


ところで…
かつてのファミコンアイスクライマー」的な、薪割りの如くの面打ちをする子に対して、どうすればその薪割りを終わらせる事が出来るのか、上手く教える事が出来ません。
竹刀の握りにあるようなのですが…
小手が硬いからか?


…どうでも良いですが、アイスクライマーは何であんな事になってるんでしたっけ?脱出?


Ice Climber (FC) | Playthrough

f:id:p-man2324:20200215001317j:plain

呼ばれて飛び出て!

ペンギンやら白熊やらをビックリさせておきながら、返り討ちにするとはね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村