人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【剣道】剣道では当たり前?それは違うと銘じるべき

Twitterで目にしたのですが…

剣道の掛かり稽古と思われる場面で、コテンコテンと小学生が転がされて、ポカポカと竹刀で指導者が叩いていると言う、ニュース動画。

 

ニュースでは『指導か?体罰か?』と言うタイトルのようでしたが、体罰でしょう。

間違いなく。

 

それに対して「剣道では当たり前」と言う反応の方もいるそうで。

 

そう思うのは分からなくもありません。

私も散々やられました。

その動画なんて屁でも無いくらいに。

昭和から平成初期で剣道をやっていた方には「あんなの屁でもねぇ」位に思う方も多いかと。

 

ですが…

なぜ「剣道では当たり前」なのか。

なぜ剣道「だけ」当たり前なのか。

なぜ剣道になると「指導か?」「体罰か?」と疑問符が付くのか。

 

これが野球やサッカー、同じ剣であればフェンシング、同じ武道であれば柔道、恐らく相撲であっても、剣道以外は即刻「体罰」となるのでは

学校の先生が同様の事をしたら大問題になるはずで『剣道であるから良し』と言うことは無いはずです。

 

私は前までは、どちらかと言えばある程度は仕方ないと思っていました。

いまは『礼を以て己を律する』こと。

これを意識することが、剣道の厳しさの一つでは無いかと考えています。

 

 

p-man2324.hatenablog.com

 

そもそも、剣道が精神修行であるとか、礼儀の所作を身に付けるとか、第一義になりすぎだと思います。

 

指導する立場の人の意識もですが、親はどうなんだろう?と。

親も少しは期待してるのでは無かろうか。

 

私の所属に、小学生の新会員が四名入りました。

程度の差はあれども、どの子も指導者の話を最後まで聞いていられず、正座が出来ない子もいます。

 

まだ面は着けない稽古ですが、稽古が終わった子が一言『面を着けたら暑そうだな』と。

何と答えたら良いか窮しましたが「まあね」と言うより他はありませんでした。

 

その時、なぜ剣道をしに来ているのか疑問に思いました。

自ら剣道をやりたいと言うなら、ある程度の覚悟はあるはずです。

 

親に勧められたのなら…

と思うと、親も厳しい(と言うか体罰的な)稽古を期待しているのでは無いかと、少し思いました。

親も、剣道は一種の修行であったり、礼儀が身に付く事を期待していると。

 

いまの時代にあっては、厳しい所は何であっても厳しく、剣道に限った話では無いと思います。

 

剣道である程度、親の期待通りの効果があったと言う記事(ブログであったり書き込みであったり)もありますが、親子で協調しながら剣道に携わったからではないでしょうか。

価値観が多様化する中で、指導を師範、先生、コーチに任せきりは良くありません。

厳しい稽古(練習、指導)と暴力の境界線が、まだまだ曖昧です。

教える側はもちろん、保護者も。

 

コロコロ転がしたり、転がさたり、ポコスカ打突部以外を叩かれたりする事で強くなりはしません。

美しい所作も身に付きません。

そもそもそれは修行ですらないです。

 

私は散々転がされて叩きつけられました。

小学生の団体戦では日本武道館まで行きましたが、私自身の勝率は低いです。

小中通して。

それだけやられても、所詮はその程度です。

その代わり引き分け率はかなり高いと、無駄に自負しています(笑)

 

では「剣道の魅力とは?」

と、問われると…何でしょう。

『剣道って何だろう?』と思うことが魅力…とか?

 

嫌いな所は結構多かったりします。

剣道の独特の緊張感とか、表現できない得体の知れない圧とか。

妙に居ずまいを正される感じとか…

割りと…空気感の全部を(笑)

 

しかし、気付けば剣道の事を色々と考えています。

次はこう攻めようとか、足の使い方とか。

結果、やはり剣道は好きなんでしょうね

 

剣道の魅力を子供に伝えるのは難しいです。

私の息子も高校では剣道部ではありません。

私も結果的に戻りましたが、一時期は「二度とやんねぇ」と全てを捨てています。

 

中学二年の時から白籠手を使っていたのですが…

きちんと流派のある剣道具屋で、採寸からその場でやっていただき、全てを剣道具屋で、大将自ら手刺しで仕上げた逸品だったのですが…

 

当時は価値が全く分かっていませんでしたので、なんと勿体ないことを…

人生の内で色々と頭を抱える出来事は多いですが、間違いなくその内の一つです。

 

で、高校行ったらフェンシングとかね…

そりゃ親父も激怒するわな(笑)

 

 

今回も「ジョジョ」で締め。
f:id:p-man2324:20200213214127j:image

 

「泣けば終わるなら、いくらだって泣いてやらぁ」←昭和の少年剣士

 

暴力反対。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村