人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【剣道】片手打ちは右で!

…行こうかな。

気持ちは右打ちに傾いて来ています。

p-man2324.hatenablog.com

 

昨日は気になっていた洗車を含め、諸々用もあったので走りに行ける時間はなく、それなら竹刀を振ろう

 

と言うことで、腰の重い息子を引っ張り出して籠手を着けてもらい、張り切って二刀と右上段のミニ稽古です。家の前で。

 

息子に「胴もつけてくれ」と頼みましたが、問答無用で却下。

…面は?

無言で拒否。

…ですよね。

 

虚空を相手に竹刀を振る事はありますが、実際となるのはそれこそ久し振りです。

せっかく籠手を着けてもらったので、片手で籠手打ちを張り切って参りましょう。

…何度か外す。…申し訳ない。

 

右手での片手打ちは、打たれた息子曰く「痛い」と。

キレのある瞬間的な痛さではなく、ズシッと重く、いつまでも響く痛みのようで…

やはり『冴えが無い』と言うことですね。

 

試しに、籠手に当てた瞬間に止める打ち方ではなく、振り抜く感じで打ってみましたが、これについては「下手くそ」と…

ですよね。

 

『冴え』と言う点では左の方があるようです。

最も、単に力が弱いだけかもしれません。

私も息子も、打突の速さは分からず。

 

面打ちと胴打ちは竹刀で受けてもらうことに。

ちょっと近所迷惑かと思いましたが、近所は綺麗な新築が多いので、いまの家は気密性と遮音性が高いに違いない事を期待しつつ。

 

こちらは右手の方が早く力強いとのこと。

やはり利き腕ですね。

とは言え、振りにキレが無いだけに大振りしているので、空振った時には隙だらけに違いありません。

 

竹刀相手とは言え、実際に打つと姿勢も崩れずしっかり打ち込めて良いですね。

周囲に響くので短時間ですが、また息子を引っ張り出して打たせてもらおう!

 


f:id:p-man2324:20200212232247j:image

 

こんな強気な態度で頼んでみようか。

 


f:id:p-man2324:20200212233023j:image

まあ、こう返されるだろうけど。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村