人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

そして誰もいなくなった…

ついに私の地区の四五段審査も延期となりました。

準備してきた方々の心中いかばかりか。

ホッとしてガッカリと言うやるせ無い気持ちであったり、燃える魂であったり…

仕切り直しも大変かと。

 

仕切りと言えば、大相撲は無観客で実施中で、

中継が中々…シュールと言って良いのか、ちょっと味わえない感じになっています。

 

相撲は祖父が大好きで、小さいときには自然と半強制で観ていました。

『こんなもんの何処が楽しいのやら』と思っていましたが、

ある日、行司に注目するようになってから、俄然楽しくなりした。

 

f:id:p-man2324:20200311003321p:plain

「待ったなし。…両手をついて」の時が一番痺れます

 

あの動的世界の中で、行司と行司が纏う空気は別世界を感じさせ、惹かれます。

仕切りももちろん、掛け声も独特な感じでなお良しです。

 

一つ一つの所作が美しいと、場が締まりますね。

剣道でも、礼や蹲踞、立ち上がりの初動、納めまで、普段から凛々しく美しく、しっかり意識しようと思います。

 

無観客の中継ですが、観客がいないならか、

いつもの中継とは違うアングルで撮っているようで、工夫がされているようです。

気のせいかもしれませんが、照強の塩まきも一味違う感じがしました。

 

f:id:p-man2324:20200311003624p:plain

もっとも、あの塩まきには賛否両論あるようで、森本毅郎氏は反対だそうです。

私はその辺りは良く分からずで…

かつて琴勇気が時間前に「ホゥ!」と一声上げていたのですが、

それがダメになった途端、不遇が続いているような気がします。

 

行司については、勝負が決まった時に「勝負あり」と言うのを、初めて聞きました。

無観客で確かに盛り上がりに欠けますが、不謹慎ながら滅多に見れない機会なので、

見れるときには十分楽しみたいと思います。

 

この状況でも開催した事に賛否はあるとは思いますが、開催してくれて感謝です。

相撲は神事なので、力士、行司、呼び出し他、

関係諸々の方々には体調に気を付けていただき、無事に千秋楽を迎えてもらい、

是非邪気払いをして貰いたいなと。少々欲張りですが。

 

ところで『蹲踞』ですが、知らない方も多いんだなと初めて知りました。

若い人は知らない人もいるとは思いますが、

私の職場の先輩(50手前)が「蹲踞?何です、それ」と言ってきたので、

仰天しました。

 

昭和生まれは少なくとも、相撲中継の洗礼を受けるものと思っていましたが、

私の偏見でした。

昭和世代も幅広いですね。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村