人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【過去から至る】癌のこと(手術編1)

【やや注意】

今回、軽く下ネタ入ります。

一切受け付けない方は自衛願います。

 

 

手術に向けて、私の懸案事項は二点

 

・術前の下剤

・患部の剃毛

 

全身麻酔であることは告げられていたので、体内を空っぽにすることは想像が付きます。

 

が、重要なのは『その方法』です。

 

あるブログでは「浣腸」だったとありました。

恐るべし。

私は未だかつて浣腸の経験がありません。

 

未知なる境遇を想像するに、得も言われぬ不安が拡がります。

方法もさることながら、何やらもう、なんだかなぁ…

医療はどんどんと進歩しているのに、幾ら時を経ても進化も進歩もしないものが、世の中まだまだあるものです。

 

進化も進歩も無い二点目は、そう!

最大の懸案事項の『剃毛』

 

患部は下半身です。

頭髪のように薄くなることはありません。

これの処理をどうするか?

 

一番良いのは『前日に自宅で自分でやる』ことです。

が…何故か躊躇われました。

 

「剃毛してこい」とは言われてません。

それで剃毛して行くと言うのが、何と言うか…

事前準備の手際の良さと言うのが、初デートの日に無駄に気合いを入れて準備万端にしているさま…のように感じて、どうにも滑稽な感じと恥ずかしさが拭えません。

 

自分で局部にカミソリを当てるのも、いささか不安でもあります。

手が滑ろうものなら…ガクブル (;゚Д゚)

 

恐ろしい!

 

まずは手術前日の「剃毛」です。

看護師さんから「済ませたか」を聞かれます。

…なんだ、頑張ってやってくれば良かった。

と、余計な想像で勝手にジタバタした自分を恥じます。

 

やってないと回答すると「ではこれで」と渡された新聞紙とバリカン

バリカン…こんなので良かったとは!

勝手にカミソリと思い込んでいた!

多少、毛が残っていても良いとは思いもしなかった!

 

あまりに拍子抜けして、どこまで剃るかの確認を忘れました。

 

一人になりカーテンを閉めて、いざコトを始める決意をします。

 

少々気恥ずかしさを感じつつ、どうやって剃るか、いかに新聞紙内で済ませるかの作戦を立てます。

 

バリカンで手軽と言え、長さを整えるスケール兼ガードはありません。

丸刈りで言えば、ノーガードで一気に剃り上げる「一厘刈り」仕様となります。

 

 

↑こんな感じですね。

結局は刃が剥き出し。

 

これはちょっと切っちゃうな…

などと思いつつ、ウイ~ンゾリゾリ

 

そこに「失礼しま~す」と担当医の声!

このタイミング…!

 

あまりに慌てて「ふぇい!」とか変な返事をした上に、バリカンが壮大に毛を噛む

 

バリカンを剥ぎ取り、無駄と知りながらズボンを履くと同時に、先生が「開けますよ」とカーテンをさらり。

ちょいまっ・・・こちらの返事を待ちなさいな(笑)

 

私の下に敷いてある新聞、散らばる毛、中途半端な私の姿に、一瞬、先生が唖然とした表情を浮かべます。

 

『あ…いま、毛を剃ってまして』私

「あ~そうでしたか(笑)」先生

…すぐに察して(泣)

 

診察の担当医と執刀医は別のようで、執刀医の先生が私の患部を見ます。

なるほどフムフムとなったところで、一人になって作業再開です。

 

バリカンのため細部は上手く行かず、ほんの少し小さい傷を作ったものの、自分の全力を出しきってフィニッシュ。

 

コールで看護師さんに完了を告げると、確認に来たのは男性看護師

…うん、まあそうですよね。

まあ…良かったですよ。男性で。

何の期待もしていませんから。

 

恥を偲びつつ、こんなもんでと一気にズボンを降ろすと、「おお…」と少し仰け反る看護師さん。

全部降ろす必要は無かったようです。

 

これだけ剃ってあれば問題無いですねと。

全部じゃなくて良かったのかぁ…!

上だけで良いとか、下は必要ないとか、先に言って(泣)

 

とりあえず大きな山の一つは終わりました。

 

次に控える山はそう、体内空っぽ作戦の憎い奴。

この段階で何を使うのかは分かりません。

 

看護師さんから体内空っぽ作戦を説明されます。

決行のために渡された得物は酸化マグネシウムでした。

 

酸化マグネシウム

定期健診でバリウムを飲んだ後に渡される錠剤です。

あるいは菊川怜さんのCMでお馴染みの物です。

(今更ながらのミロク情報サービスハズキルーペでは無いです)

 

これを二錠だったか四錠だったか…

これは定期健診の度に飲んでいるので慣れてはいるものの、効き目が緩いためこんなんで良いの?と、呆気なさ過ぎて逆に不安に(笑)

 

 

食事止めをされているので、空腹感と環境の変化等々で、まんじりともせず夜を過ごし、明けていよいよ手術の日です。

 

 

予定より1時間ほど遅れて声がかかりました。

手術着に着替えて看護師さんの案内で手術室に向かいます。

手術室前で執刀医の先生と、手術担当の看護師さん、麻酔師さんから挨拶を受けます。

手術台に寝かされると同時にわらわらと私を囲み、手術の準備開始です。

 

 

私には手術に挑むにあたり、一つ試みがありました。

全身麻酔に出来るだけ抗う。

考えた事がある方は、結構いるかと思います。

 

麻酔吸入のためと思われるマスクを着けられ、看護師さんから本人確認のため、名前と生年月日を聞かれます。

その後は世間話で色々と緊張をほぐそうとしてくれます。

その手は食らいませんよ!

私は麻酔に出来るだけ抗うと決めて

 

 

 

名前を呼ばれて気付いてみれば、全てが終わっていました。

 

全身麻酔、恐るべし!

 

 

予定外に長くなっちゃったので、次も「手術編2」となります。

下ネタは悪ノリしちゃって。

 

f:id:p-man2324:20191222004706j:plain

菊川怜さんでお馴染み「酸化マグネシウム

実際には健康診断時に渡されるピンク色の錠剤でした。 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村