人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めて、ハーフは未だに2時間切れず。剣道は2016年に約四半世紀振りにリバ剣。経験が長いだけの三段。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と思い立つも師範に言えず、外部団体でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり。リバ剣だって怖くない!行き当たりばったりのブログです。

「気象遭難」「滑落遭難」から過去の登山を振り返る(その2 白馬岳)

前回、槍ヶ岳で単独になって道を間違えた経験を載せました。

今度は白馬岳です。

凝りませんな、私は。

と言うか、私が引き起こしたわけでは無いですが、またも登頂出来ませんでした。

槍ヶ岳の翌年、白馬岳はロープウェーもあってお手軽と言うことで、これに参加しました。

 

www.t-sword-s.com

 

 

 

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 

 

 

 

 

山の食事を手軽にすると、味気なさと寂しさが加速する

 

白馬岳に挑む日に気になっていたのは天候で、台風が近づきつつあることでした。

天気予報を聴きつつ、近づく傾向があったら即撤退ということで登山開始です。

 

私は変わらず頭痛になりましたが、何事も無く予定の天場に到着し、二班に分かれてテントを設営し、腰を落ち着けます。

近くには引率の先生付の高校生の集団。

規模的に部活にしては大人数、一学年としては少人数。何の集団か測りかねます。

 

ラジオで天気予報を聴いた先輩が、台風の直撃と雨は無いとの判断。

翌日は続行と決まり、山で美味しい食事を…

なんてことにはならず、頭痛を抱えたまま味気なくレトルトのカレーだかハヤシだったかをモソモソと。

山の食事は如何にゴミを出さず、水を使わずに完了出来るかだと、個人的に思います。

 

そこで友人から「コッヘルにソースを掛けないで、パウチの方にご飯を入れる」ことを教えられ、これは後始末が簡単だ!なんて思い、嬉々として実行。

ですが、食事にコッヘルも使わないことでアウトドアの雰囲気も無くなり、モソモソ感が増しました。

 

さて、頭痛とモソモソの食事と元気な高校生という登山とは何ぞや?と言う中で就寝です。

夜は満天に輝く星を見て…なんて無いんです。

星って見えないような気がするんですよね。たまたまですかね。綺麗に見えた!という記憶がありません。

 

 

 

テントが山を登って自由を求めて空を飛ぶのだ

 

翌朝、意外にも風が強め。

先輩が稜線に上がって状況を偵察したところ、歩くには問題ないとなりテントの撤収となりました。

 

ここで悪いことに私とは別班のテントが風に煽られ、あれよあれよと言う間に稜線を駆け上り、稜線上でフワリと浮き上がると、そのまま向こう側へF.O.

まさに『さよ~なら~』と言う感じに。

慌てて駆け上るもその姿は無く、まさかのテントを失う事態に。
テントが一つでは泊まる術もなく、敢え無く撤退となりました。

 

 

夏山装備で大雪渓に挑む

 

しかしここでの撤退が問題で、下山ルートに出るには大雪渓を通る必要があります。
言わずもがな全員雪山装備はありません。
更に、私を含めた初心者数名は雪上訓練もしていません。
転げ落ちたらどうなるか。

 

撤退開始からしばらく、大雪渓にたどり着きます。

長さと幅は想像以上で、もちろん人はすれ違えません。

空身ならともかく重いザックを背負っていては、アイゼンが無いと体制を変えることも怖くて出来そうにない有様。

向かいから来たらお願いして下がって貰おうと言うことになり、横断開始です。

途中で立ち止まって後ろから人がぶつかっても危ういので、集中して一気に横断しました。

 

横断後は、そのまま雪の斜面を降りると言う苦行の開始です。

夏と言うこともあり雪面は緩んでいたため、アイゼンが無くても靴の踵を雪に埋めて降りる事は出来ましたが、途中、何度か滑りバランスを崩しました。

 

傾斜が緩んで来たところで頭痛も引いてようやく観光気分。

近くを大岩がゴロンゴロンと転がる様も呑気に眺める始末(もちろん下に人はいません)。

降りてしまうと夏の陽射しが燦々と降り注ぐ、台風とは無縁の天気。

 

f:id:p-man2324:20210911220039p:plain

近くにいた引率の先生が生徒に「テント飛ばされるなよ!」と言っていたのは屈辱でした(自分画伯)

 

 

白馬岳の山頂に取り付けなかったのは残念だったと評しながらも、テントが飛ぶほどの突風が吹くなら、高山病持ちの私が稜線上で元気に過ごせるか分かりません。
幸い怪我も無く、最終的にワイワイキャッキャッとなって先輩に怒られましたが、振り返るとこれまた無事で良かったなと。

 

ちょっと冒険気分を味わいたいな

自然を満喫したいな

 

なんて思ったときはコチラのブログにお世話になっております。

syumatsu-yama.net

 

こんなのを見てると「行けるんじゃないか」なんて思う方もいるかと(いないか)思いますが、真似しちゃいけません。

素人にはお勧め出来ない(←懐かしいフレーズ)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドキュメント気象遭難 (ヤマケイ文庫) [ 羽根田治 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/9/11時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドキュメント滑落遭難 (ヤマケイ文庫) [ 羽根田治 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2021/9/11時点)

楽天で購入

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村