人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めて、ハーフは未だに2時間切れず。剣道は2016年に約四半世紀振りにリバ剣。経験が長いだけの三段。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と思い立つも師範に言えず、外部団体でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり。リバ剣だって怖くない!行き当たりばったりのブログです。

【競馬】素人が競馬を予想し奮闘する

菅総理が次期総裁選に出馬せずと言うことで、騒がしくなってきましたな。
実績云々と言うのは先月頃から良く聞きましたが、携帯電話の料金以外は実感しにくいのが個人的な感想です。やはりコロナ対策も然りで、アピール力でしょうか。
男は背中で語る。
みたいな感じは、さすがに今日日は流行りませんな。
男は黙ってサッポロビール。
 
 
 

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 

 

 

 

人はどうでも馬は走る

 
相変わらずスマホゲームのウマ娘なんぞをやっております。
これだけ長くやるなら本当の競馬も幾らか知らんといかんのではなかろうか?
などと考えておりました。
特に義理が悪いとかも無いのですが、何となく座りが悪いと言いましょうか。
 
競馬に詳しい親友に、やるなら秋の重賞からと話しておりました。
10月まで重賞が無いと言われ、勧められたのが 9月5日の新潟記念(GⅢ)です。
 
と言うことで、先日、新潟記念に参戦してまいりました。
いままで適当に名前で選んで人に買ってもらってましたが、自分で予想して馬券を買うのは生まれて初めてです。
 
 
 
 
事前準備アレコレ
 
友人から「即PAT」に登録せいと言われます。
これに登録することでネット投票が可能になります。
アプリには「MyKeiba」を使えと来ましたが、残念ながらAndroidに展開されていない(撤退?)ようで、検討の結果「UMAJIN」というアプリを入れます。
これで少なくとも出走馬が分かって馬券が買えるようになりました.
 
 
 

情報収集は東スポだそうな
 
前日の4日、親友から「まずは東スポを買え」の指示通り、東スポを買います。
専門紙は550円のところ、東スポは150円で情報も豊富だとか。
 
競馬面を探します。アダルト記事があります。手が止まります。
親切にも競馬面は独立しており、余計な紙面から抜くことが出来ます。
ほほう。

見ます。さっぱり分からない。
取り敢えず東スポはクラヴェル推しのようでした。ふうん。
理由等々を読み、他の方の予想を読み、調教師のコメント等々を読みます。
なるほどなるほど。
人気はザダルのようでした。
 
紙面の情報と印象から、トーセンスーリヤ、パルティアーモ、クラヴェルかなとボンヤリ決めます。
 
 
 
競馬、奥深し

 

親友にラインで伝えたところ、新潟競馬場は直線が長く追い込み決着になりやすいと返信があり、更には前半はペースもゆっくりになりやすいと来ます。

 

と言うことは脚質は「差し」か「追い込み」?

良く分からないながら見るとトーセンスーリヤは先行っぽい。

なるほど。


他、細かい数字の見方や意味などを教わるも、何せラインだから互いにじっくり教え教わるが出来ない。

他にも厩舎やら馬場状態やとあり、深すぎるぞ競馬。

生き物が走るだけありますな。

馬も感情があれば調子もあるし、お腹の具合もあるでしょう。

ゲン担ぎなんてのも、馬は馬なりにあるのかも知れない。右脚から一歩目じゃないと気持ち悪いとか。

この時点で友人は「大穴狙いでマイネルファンロンを考えている」と来ました。
東スポノーマーク。フムフム。

 

 

 

いよいよ投票

 

明けて5日。

この日は「東西対抗剣道大会」が開催されており、Youtubeで観戦です。

観戦しつつ、競馬を予想しつつ、何やってんでしょうね。

剣道は藤井先生(二刀流)が十将で出ると情報を得ましたので、それまでは時間があります。

競馬の予想に励みます。剣道家の風上にも置けません。まあ一度剣道を捨てた身なので、何とも申し上げる言葉がありません。

 

さて競馬ですが、私が購読しているブログにも競馬について書いてある方もいます。

あれこれ考えた結果、私の予想は以下の二頭。

 

トーセンスーリヤ

エフェクトオン

 

トーセンスーリヤは東スポの情報と、先行と言っても2000m以上でも良い感じの結果を残しているので、今回も行けるだろうと予想しました。

 

エフェクトオンは親?がディープインパクトで知っていると言う点と、隣がクラヴェル(2番人気)だから、頑張って走るんじゃないか?みたいな感じです。

 

それを親友に伝えたところ、中々考えたねと。

で、親友はマイネルファンロンは外したようでした。

 

私と言えば先の二頭を単勝で買い、連複、三連複、ワイドと買って計500円。

更に、軸馬を決めずクラヴェルを絡めたりザダルを絡めたりと手を拡げます。

親友に「そういう買い方はあまり良くない」と言われます。

まあ、素人はこんなもんですな。

 

 

 

結果

 

出走は15時45分。

その頃には東西大会も終わり、藤井先生の二刀流も堪能しました。

やはり二刀は攻めですね。攻めずば守れず。

 

そんな私も馬券は攻めの気持ちです。

さあ走れよお馬さん。

何を買ったかは忘れたが、トーセンスーリヤかザダルは絡むだろう。

 
ゲートが開いて各場一斉にと言った感じで注目です。
どの馬がどこにいるのかさっぱり分かりません。
しかし、最後の長い直線、トーセンスーリヤが伸びていきます。
それは分かります。
おお!やはりトーセンスーリヤは来るじゃんか。良いね!

と思っている真ん中をマイネルファンロンがスルスル上がってきます。
最後、見事にマイネルファンロンが差して一着。
二着、トーセンスーリヤ
三着、クラヴェル
 
 
マイネルファンロン…12番人気。42.8倍。
払い戻し4,280円!
 
 
友人も買っておけば…
騎手はMデムーロ。
この人は知ってる。
なるほど、競馬は騎手も大事なわけですか…
 

f:id:p-man2324:20210906221409p:plain

赤ペンを耳に挟んじゃう気持ちが分かります(自分画伯)
 
親友からは「来週はセントウルステークス(GⅢ)があるから頑張れ」と。
励みます。
 
PVアクセスランキング にほんブログ村