人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めて、ハーフは未だに2時間切れず。剣道は2016年に約四半世紀振りにリバ剣。経験が長いだけの三段。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と思い立つも師範に言えず、外部団体でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり。リバ剣だって怖くない!行き当たりばったりのブログです。

【剣道】酔狂で「剣道自分大会」を書いてみたら、何だか試しても良いような気がして戦慄する(いや、してない)

オリンピック、本当にやるのかな…


去年まで、私は「何だかんだやるんだろうし、準備してきた選手もいるし」程度に考えていましたが、いまとなってはもう無理でしょう。
『コロナに打ち勝った証』には到底ならないでしょうし。

 

コロナで色々と予定が狂って苦しく悔しい思いをしている人は、いまやアスリートだけではありますまい。

 

『オリンピックやらない』と言ったら、損失も大きいでしょうし、国威や国の信頼にも関わるのかもしれませんが、撤退を認めればこそ見える道もあるのではなかろうか。


どんな道が見えるかは分からないので無責任ではありますが、進む方向が一つになって分かりやすいんじゃないかと思います。

 

 

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 

 

 

思い付きでも中々良い?


前回、自分マラソン大会でもやって自分の気持ちを盛り上げようなんて事を書きました。

 

www.t-sword-s.com

 


剣道で出来るかな…とか思ったもので、ちょいと触れました。
まあ…影を相手になんて事は、別に一人大会でなくても

 

やっぱりないなと思ったものの、締まりが悪いので「道着袴、防具着用のフル装備で、自宅前でやる」なんてね…
という有り得ない事を書いて締めました。

 

Twitterで「自分大会、面白そうですね」なんて言う反応がありまして、剣道で開催してくださいなどと無責任に返信しました。


が…意外にも、自分大会は出来るんじゃなかろうか?

 

 

 

 


一人剣道大会、その構想


出来ればフル装備。
そして野天。

 

恥ずかしい?
武士道を何とする!


…すみません、ふざけすぎました。


フル装備は別として、一人剣道大会に自撮りは欠かせません。
自撮りの準備は必須です。


ではカメラ位置を合わせて、ポチッとな。
まずは幻影を相手に自らの攻めを体現します。


ジリジリでも、大胆にでも、裏から刷り上げる、巻く…等々。

ここだと思う所で何かしらのアクションを起こします。

 

面か?
小手か?
突きか?
あるいは先を掛けた胴か?

 

ここの起こりで撮影ストップ。

 


では、撮影した動画をチェック。

ほうほう、こう攻めたか…ムム、なるほど。


などと、自分でやっていた事をあたかも第三者目線で捉えます。

ム!何か仕掛けて来やがったぞ!

 

と言う所でポジションチェンジ。


幻影に自分を投影し、先ほど実際だった自分を幻影にします。

動画で見た自分、即ちいまは幻影である相手の攻めを思い出し、自分も攻めます。

 

 

先を掛けるか?
応じるか?
どう引き出すか?

 

ここではきちんと打突します。

 

 

では判定!

 

・・・どうやって?

 

二つの動画を見比べて…

先の動画は行動を起こしたところで止まっています。

 

それに対して後の動画が上手く捉えたなと言う打突なら一本とか?

そうなると、先の動画が常に負けますね。

 

むむむ…

難しいな…
判定は第三者の目が必要か…?

 


いっそシナリオ制にするとか?


例えば一回戦目の一本目は出小手。
二本目は面とします。

 

前述のように影が己で己が影で( ← 一人二役と言えば済む)…のように、影を相手にちょこちょこ攻めたり何なり好きにやります。

 

双方の自分の動画を見て、より的確に出小手だと思う方に一本。
と言う判断。

二本目は、同じようにやって面だと思う方に一本。

 

二回戦目は小手返し面とか…

これだと…演舞見たいな感じ??

鍔迫り合いをエアーでやるとか(笑)

 

…気分が盛り上がったりしますかね、これ?
やる価値あんのかな?

 

 

 


ここまでで思ったこと


何と言うか…想像上ではかなりお粗末な感じはあります。

 

ですが、より的確な小手を打つにはどうするかや、相手を引き出すにはどうするか、的確な打突、タイミング、構え、残心…
など、より考えたり意識する事が出来るかも知れません。

 

相手が自分の幻影とは言え、より的確に打つとなると、色々意識しないわけにもいかないだろうと…

 

思い込めば気分も乗るでしょう、きっと。

絶対。

いや、乗ろう。

 

対面稽古自粛中も、これで勘が鈍る事もないでしょう!
(ホントかな?)

 


とはいえ判定はムリですね。
やってるのも判定するのも自分だし。

 

剣道自分大会と、大会を冠するにはちょっと苦しいですね。

 

f:id:p-man2324:20210127231951p:plain

外で本気で自分の幻影に翻弄され、変人あつかいさるの図(自分画伯)

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング