人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

己の間抜けさは一刀両断するに限る

コロナがこうでも経済活動を止める訳に行かないなら、そろそろ「何が比較的平気そうか」と言う点も、考えた方が良さそうなのでは…

 

満員電車で感染はしなさそうだと思うと、密でもマスク&換気&話をしないで防げそうです。


『多人数&大声&マスク無し』で、ほぼ感染は間違いなさそうですよね。

 

なんかその辺りでお偉いさんがどうこう出来ないもんですかね。
旅行の指針とか出ないもんかな…

 

マスコミ辺りも「こんな行動してますよ」的に吊し上げの抑制を狙うより、分析系の意見を展開してくれないだろうか


何にしても責任持たないんだから、個人的意見ですけどねって言っておけば良いような。

 

なんて考えていたら、京大の上久保教授が「厳密に言えば色んな対策はしなくて良い」「日本人はT細胞とB細胞の獲得免疫を得ている」と言う見解を出したそうで…

ラジオ情報なので字が合っているかは自信が無いです。

 

ランニングについてもマスク必須の誤解を防ぐためと、山中教授が動画を撤回したそうです。

 

川内選手もコメントしていたそうですが『ランナーはマナーが悪い人も多いから目の敵にされた面もあるかと思う』的だったかな…

ご本人はもっと丁寧な言葉を使っていたと思います。

 

過去、私もボンヤリ走っていて車に轢かれそうになりました。

この間も書きましたが、信号無視は良く見ます。

 

市街地ランでタイムを気にして走るのは、ほぼ不可能です。

ルールとマナーが明日のランを作ると思います。

 

剣道も灼熱の中での運動となりますが、剣道はマスクは必須ですね。

明日のための剣道マナーは、マスク着用と心得ます。

 

人生何でも二刀流! - にほんブログ村

 


ついうっかり…


土曜日は稽古だと思って参じたら、何と閉まっている。

 

「おや!?なんぞ???」なんて焦って予定をみたら、8月二週まで休みと。

 

そうだったーーー!
そう言えば、そんな事は言われておりました。

 

まあ…大概、自分自身の事はあまり信用していませんので、こんなことはデフォですが。

 

 

俺のこの燃え上がった剣道意欲をどうしてくれるんだよ!?
引っ張ってもいいから連れて来いッ!

(映画「AKIRA」より山形からの台詞抜粋)

 

…やる気が空回りした腑抜け野郎となりました。

 

 


トレンドは「握り」だろ

 

 

ヘいらっしゃい!なに握りやしょう?


鮨はカウンターに行ったことが(恐らく)ありません。
なので、イメージが雑です。

 

『恐らく』としたのは、幼少期の鮨屋は概ね回っていませんでしたので、大衆鮨屋は行ったかも知れないと言う点からです。

 

とは言え、生魚を食べられるようになったのは小学五年生頃ですから、回ろうと回らなかろうと、有難味なんてちっとも感じていなかったことでしょう。

 

 

さておき、握りと言えば竹刀の握りです。

 

左の中・薬・小指を強めに握り、右手はゆるっゆるにしていたのですが、ちょっと叩かれたり、巻き上げられると落とす確率が非常に高く、これは変えないとなぁなんて思っておりました。

 

毎度お馴染み剣道中毒先生のメルマガより、握りについては大いなるヒントを得て、早速、感覚掴んだ!などと良い気になっておりました。

 

試行錯誤しておりましたが、またおやまあさんのブログから、より補足が出来ました。

 

ameblo.jp

全4回です 

 

 

「冴え」については、これまた剣道中毒先生のメルマガより頂きまして、結構衝撃的でした。

 

私は未熟者寄りかも知れない…

 

経験年数ばかりで…

 

 

 

脚についても考えねば…


先々週の稽古から「むむむ…脚もどうにかせんとなぁ」なんて思っていましたら、これまたNICOさんのブログも脚であると。

 

nico-blog.com

 

リバ剣当初は子供の頃のスタイルから、左足の踵は思い切り上がり、右足も踵をやや浮かせつつ、膝裏は真っ直ぐでした。


歩幅も広めで、遠目から勢いよく飛び込む感じのスタイルになるでしょうか。

 

これだと反応が悪くなる(若くないから)なと思い、左足の踵を下げ、右足の膝裏をやや曲げ、歩幅を狭めると言う形を意識するようになりまして。

 

悪いくは無いなと思うのですが、跳べないと言うか…間合いが遠い感じがすると言うか。


「ここじゃい!」と思って打ちに行っても、あと数センチ足りんのです。

 

頭使いますね。

昔はこんな考えたかな?

 

子供の頃は右から左で、とにかく数でしたから…

あの当時、むにゃむにゃと考え悩んでいれば、もう少し…

地頭がポンポコピーだったから、いまと変わらんか!?

 

 

f:id:p-man2324:20200803232339p:plain

 映画「AKIRA」より山形…難しすぎる(自分画伯)

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村