人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

急がば回れ!二刀流片手打ちの『冴え』を出す武器を手に入れた

野郎ども!夏に向けて筋肉、ぶっとくしてるか!?

筋肉を酷使し、汗をかいた分だけ褒美があるのさ!

単純だろ?

 

…とはいかないのが剣道です。

筋肉が無いよりあった方が良いとは思いますが、

使いようを間違うと剣が死ぬ…

 

 

力だけではない…

片手の打突です。

 

二刀を取るにあたって、片手打ちの冴えは必須。

教材にしている「二天一流」のDVDでは、

冴えを出す練習としてとても軽い道具を作って実践していました。

 

ちょっと準備が面倒…

と思った私はそこを短縮して解釈し、ああだこうだの紆余曲折で、

結果、まずは上腕を鍛える!と言う事を試みます。

 

www.t-sword-s.com

 

しかし、やはり片手打ちの冴えが出ません。

そこで今までと違う竹刀の握りを教わり、何となく良い感触を掴みました。

 

 

www.t-sword-s.com

 

こうなるとやはり…

財力に物を言わせて、ポチるしかありません!

 

 

【国産木刀】桐 木刀 大刀

【国産木刀】桐 木刀 大刀

  • メディア: その他
 

 

 

 

 

桐製の木刀

この存在は知っていたのです。

だったらさっさと買えよと思うのですが、何と言っても趣味貧乏

心は潤っても懐は素寒貧。

 

 

木刀での素振り!3つの効果を実践に活かそう! | 剣道中毒

 

本当にこんな軽いので!?

と失礼ながらちょいと疑ってみたりしながら、

独自の道を歩みましたが、やはり先人、諸先輩方々は偉大です。

急がば回れですね。

 

片手打ちは力が必要なイメージですが…

まずはコツを掴んでみましょう。

 

普通の竹刀や木刀で片手打ちをやると、

手首、上腕、肘に違和感を感じます。

逆方向に持っていかれるのでは…と言う痛みに対する恐怖心も少々。

 

更に無理に止めると重さで剣先が地面に着く勢いで下に向くか、

手首が内側に倒れるかすると思います。

そこを軽い木刀を使うことで、腕に負荷を掛ける事なく練習が出来ます。

 

 

では実践!

 

詳細は二天一流のDVDにあるので省きますが…

 

  • (極端に言えば)投げナイフ
  • 振った瞬間、手の内を効かせる

 

繰り返し、感覚を掴んだら…

 

  • 竹刀(木刀)に持ち替える
  • 桐製の木刀でやった事を繰り返す 

 

軽い木刀で振ってみると、関節が逆方向に持っていかれるような違和感や、

剣先が下に振り切る事も無く、自然と振れる感覚が分かるかと思います。

 

同じように竹刀、あるいは木刀に持ち替えて振ってみる…

違和感なく、剣先が下に持っていかれることも無く振れる事に気付きます。

 

気付かないなんてことがあるでしょうか?いやありません!(反語)

ここまで言うのは大袈裟ですが、片手打ちに思ったよりも力が必要では無い事は

分かるかと思います。

 

私はここまでは掴んでいます。

個人的な感覚ですが、この先のこと…

いかに冴えを出せるか…欲しいのは『冴え』です。

 

桐製の木刀で、まずは梃の原理を活かせるような振りと握り、

手の内を意識しながら振る事をひたすら繰り返し。

何だか久し振りにこんなに竹刀を振った気がしますが…

きっと気のせいです。

 

完璧だと勘違いし始めた所で、竹刀、あるいは木刀に持ち替えます。

己の現実を知ることに…

と言う展開にはならずに、あら不思議

ピシッとした感覚があります。

 

 

 

「片手打ちはどうにも冴えが出ない」とブログで書いてきましたが、

 桐製の木刀と新しい握りで、だいぶ掴めて来ています。

 「軽い木刀で冴えなんか出るんかいな」と懐疑的でしたが…

素直になってみるものです。

と言うか、本当に急がば回れですね。

継続します。

 

 

両手打ちの癖の矯正にも

 

両手打ちでの私の癖は、振り切った瞬間に両肩が上がる事です。

振り切る瞬間に両手に力が入りすぎて、肩に力が入るのだ…

という事を認識しているのですが、中々意識が出来ません。

 

桐製の木刀は軽いので、無駄に力を入れると剣先が真っすぐになりません。

真っすぐになるように振る事を意識すると、矯正も出来そうです。

 

上段の練習にこの方法が取られているのか分かりませんが、

上段を目指している方にも助けになるかと思います。

 

 

 目指せビシッと二刀流 !

 

f:id:p-man2324:20200409132929p:plain

 

これ…バブル期にありましたよね? (自分画伯)

 

 

 

慣れない在宅勤務は、戦う気が無くてもダラダラ続く

ペースが掴めませんな。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村