人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

市街地ランで難しいことの3点

市街地を走るなら、颯爽と走らねば』と思っていたのは今は昔

普通にゼーハー走ってます。

イヤホンを着けているので、その呼吸音、いかばかりか。

変態と思われないようにはしています。

 

さて、市街地を走っていて『判断が難しい…』と感じることのベスト?ワースト?3を記載したいと思います。

さあ、あなたが感じてるのは何位でしょう?

はりきってスタート。

 

◼️第3位

リードの無い犬の散歩

 

遊歩道でたまに遭遇します。

飼い主さんと犬君(あるいは犬さん。以下敬称略)は信頼と言うリードで繋がっていると思いますが、犬とて獣です。

 

ゼーハーしながら走る私を追い掛けるならまだしも、私をきっかけに犬が錯乱して、何かしでかしたら事です

 

見掛けた所で出来るだけゼーハーせずに走る抜ける他ないですが、リードは着けておいて欲しいです。

 

◼️2位

はしゃいでる子供

 

やおら親の手から離れて駆け出す子供にも緊張します。

親が追い掛けて掴まえればまだしも、不意な行動には咄嗟に動ける物でもありません。

 

私は最初から走っていますので、自然と逃げる子供と親の間に入り込んでしまい、私と他所様の子供で追い駆けっこする構図が出来上がります。

足音が聞こえれば、子供とて逃げるでしょう。

 

車は滅多に通らない道を走っているとはいえ…

何があるか分かりません。

思いきって止まるべきか、事が落ち着くまでペースを落とすか

止まるべきなんでしょうけど、止まったことで『すみません』とか言われちゃうとムズムズしますし、そうじゃなくても『邪魔じゃい、おんどらぁ』的に取られても不本意です。

 

ペースを落として動向を注視し、『邪魔じゃい、おんどらぁ』の空気を出さず(と言うか出してませんよ。)、爽やかに駆け抜ける

難しいですね。

どうされてます?

 

 

◼️第1位

ご老人(あるいは初老)の自転車

 

何て言うか…並走しちゃうときや、向こうに先導されてる構図が成り立つ時がありまして。

角を曲がったら、たまたまいる…と言う場合が多いです。

 

何だか知り合いでもコーチでも無いのにと思うと、この構図を壊したいなと。

 

無理してペースを上げるか、落とすか、予定外に曲がってやり過ごすか…

と迷い、大概ペースを上げるのですが、たまに先方と思惑が被る時があります。

概ね初老と言うか…中年後半?の女性が多いです。

 

やはりゼーハー言って後方を走られるのや、並走されてるのが気持ち悪いんでしょう

 

あ、若い女性の方は、もっとチャカチャカ漕いでください!(←ワガママ)

 

と言うか、呼吸も余裕に、ベッタンベッタン走らなければ、こんな気を使わずに済むんでしょうな。

 

 

どうでも良いですが、自分が中年も良い歳になってくると『初老』と表現するのもためらわれますな。

守りに入るとは、我ながら情けないこった。

 

 

f:id:p-man2324:20200225212428p:plain

自分画伯

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村