人生何でも二刀流!

ランニングと剣道の趣味二刀流。2011年頃から走り始めてるにも関わらず、ハーフは2時間切れずフルは未経験(2019年11月現在)。剣道は2016年に約四半世紀振りに復活のリバ剣。過去10年の経験がありながらも未だに中学のガチャガチャ剣道から卒業出来ず右往左往。剣風って何ぞ!?そうだ二刀だ!と決めたものの師範に言い出せず、所属の剣友会以外でちょぼちょぼ二刀をやったり辞めたり(笑)意識が高いブログに刺激を受けつつも自分に対してはトコトン甘い。ラン有り剣道有り癌有り、ちょっと筋トレ有りの落ち着きのない日常。

【剣道】リバ剣してて戸惑っていること…

今日から仕事始めです。

連休明けは、どうしてこんなにも眠いのか…

集中力も途切れ勝ちで、剣道とランニングが交互で邪魔してきました。

今年は連休明けの集中力をどうにかしたいと思います。

ノーアイデアには変わりませんが。

 

さておき今年、私はリバ剣となって3年目となります。

ほぼ毎日剣道をやっていた小中と比べると、あまりに稽古に出られていません。

この事も原因かと思いますが、リバ剣となって戸惑っている事、困っている事を記してみようかと。

 

 

その1

子供達の剣道がキレイすぎで驚く

 

鍔迫り合いからの間合いを切る動作…

これを子供も当たり前のようやっているのですが…何時からでしょう?

これを見たときは度肝を抜かれまして…

 

私が子供の頃は、鍔迫り合いを切るときは引き技か、力業で引き離すしか無かったような…私だけか!?(笑)

 

これで何が困るかと言うと…次です。

 

 

その2

間合いの切り方が分からない

 

「その1」で驚愕してるくらいなので、綺麗に鍔迫り合いを切った記憶がありません

 

更に言えば、鍔迫り合いから間合いを取る途中で「どーん」と面を打ってくる方の対処法が分かりません。

また、こちらから仕掛けて良いタイミングが分かりません。

動画はこちら…

 


【注目‼】#44【一本集】H29第65回全日本学生剣道優勝大会【ippon omnibus】

 

2分1秒から8秒までのところ。

こちらは竹刀を叩き落としてから面ですが、中学までのリバ剣にこれをやられたら一溜りもありません。

 

稽古の時は「なんとなく」切っていますが、試合の時は怖くないですか?

キレイな切り方ってどうすれば…悩みますな。

紳士協定的な?…なわけないか。

 

そもそも「途中からどーん」を、やって良いのか悪いのか…

ここだ!って言う隙が見えた時に打ち込むって感じでしょうか…

 

 

その3

引き技が滅法下手になった

 

上記から引き続きですね。

身体能力が落ちたからキレが無いのもありますが、引き技のタイミングも分からない(笑)

 

他の方のブログを参考させて頂くのですが、「なるほどこれか!」と言うのが見付からず…

崩し方とか打ち方は分かるのですが…

じゃあ何が悩みよ?

と聞かれると、モヤモヤしてて表現出来ずです…ガッカリ。

 

 

その4

子供に対する教え方が分からない

 

リバ剣に限らずと言った所かも知れません。

 

段位は二段ですが、経験年数は10年近くあるので、元立ちになることは多いです。

 

ですが自分が初心者指導を受けていたのは、昭和の後期

遥か三十数年前です。

 

しかも、私がレギュラーになった小学四年生の時に、通いの道場が勝利優先に舵を切ったので『いかに負けないか』ばかりを考えてきました。

 

『どうやったら負けないか』はアドバイス出来ますが、それは正しくない要素を多く含むため、その観点では教えることが出来ません。

 

元立ちの度に『何か一言』を求めて子供が来ますが…いつも適当で面目ない限りなもんでして。

 

また、どうやって相手を引き出すか、どうやってタイミングを掴ませるか。

実力のある子に対する満足させる稽古方法はどうすれば良いか。

…などなど。

 

 

中学の時は、何も悩んで無かったのですが…

難しいもんですな。

 

 

 

その5

地稽古での「一本勝負」と「参りました」のタイミング

 

小学生の時は、先生方にはひたすら飛び込んで行けばどうにかなっていましたし、中学は回り稽古だったので、何ともありませんでした。

お互いの匙加減で終わらせる感覚がちっとも掴めず、いつもお相手に委ねてます。

阿吽の呼吸??

 

 

 

高校までやっていた方は、そこまで悩まないかも知れません。

逆に大人になって始めた方も、記憶もそれほど遠くも無ければ、大きな変化も無いと思うので、戸惑いは少ないかと思います。

 

皆さんの道場、剣友会でも、中学以来のリバ剣の方はいませんか?

きっと、同じように思っているかと思います。勝手に。絶対に。

と言うか、思っていてくれないと立つ瀬がありません。

 

いつかは慣れるか…と思っていましたが、未だに。

週一回で飛び飛び程度しか参加出来てなければ当然ですね。

今年は…隙あらば参加します!

 

…と言う姿勢は保ちます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村